スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1日目(3):「アレ」のないコンラッド・バンコク
written by famao

さて、今回のお楽しみはホテル。

都会的なホテルと、クラシックなホテルを両方満喫したいと欲張った私たちが選んだ一つ目のホテルが「コンラッド・バンコク」だ。BTSのプルンチット駅からはけっこう遠いけど、一応ホテルからリムジンバスが出ているので、あまり不便は感じない。(さすがに、後日ツアーの待ち合わせで行ったインターコンチネンタルホテルの便利具合は魅力だったけど)

さてさて、東京では一泊の値段すら知りたくもないコンラッドだけど、ここはバンコク・・・と夜中にも関わらずウキウキ。

部屋は全体的に広くて、インテリアもモダンで期待通り。
conrad-bedroom.jpg


リビングからバスルームが見えてしまうという、今はやりのスタイル。
conrad-living.jpg
もちろん、カーテンは閉まります。(てか、カーテンを閉めずに風呂入る人たちはどのくらいいるの?)

ウェルカムフルーツは、なんだっけな?梨みたいなやつ。このテーブルに活けられた黄色い蘭は、まくらの上にも。
conrad-fruit.jpg


バスルームは当然のごとくシャワーブースつき。このバスタブが洒落てるし、なんたって象のおもちゃがキュート!(もちろん、風呂で遊びましたとも!)
conrad-bathroom.jpg
アメニティもさすがのデザイン。
しかし・・・ここのシャワーブースはドアの密閉性に問題があるのか、バシャバシャ使ってると、どうにも水もれが・・・。おかげさまで初日はバスマットが水浸し・・・。

バーカウンターもなかなか広くて便利。毎日、ミネラルウォーターと氷が補充されるのは他のホテルでもあるけど、ここは牛乳もタダ。
conrad-bar.jpg
冷蔵庫の下段中央が、例の最高級シンハー

部屋自体には大満足。

がっ、しかし!

アレがないじゃん。 アレがっ!

「アレ」の謎については、また後日。。。


ところで、部屋以外の部分でコンラッドについて思うのは、何をしてもいちいち高いことだ。
リムジンサービスも高いし、インターネットの利用料金も高い。ついでに言うならスパでタイマッサージが1時間で6000円近くする!

いいホテルだけど、若干の疑問を残すコンラッドなのでした。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。