スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5日目(3):普通に市内観光・・・のはずが
written by famao
(※長いうえに、観光情報としてはイマイチ役立たずです)

オリエンタル・スパで骨ヌキになった後は、(5日目にしてようやくまともな)市内観光へ。

王宮とエメラルド寺院、ワット・ポー、ワット・アルンなんかを見て回る「お約束」の観光コースを予定していたんだけど・・・

・・・2日前、ハイアットでK氏と彼の友人、R氏とランチしていたときのこと。
K氏が「やっぱり寺めぐりはタイ人と行くべきですよ。絶対Rくんに案内を頼んだほうがいい。ただ見に行くのとはワケが違うから。Rくんは日本語はそんなにうまくないけど、英語はバッチリだから」とタイ人の友人R氏との観光を強力にプッシュしてきた。
・・・普通なら、「アタシらのどちらかとR氏をセットアップしようとしているに違いない」と思うところだけど、K氏のキャラを考えると、全く他意がないことは明らか。

「タイ人はすごく信心深いから、お寺のことやなんかもすごく詳しいし、
Rくんはタイ人の中でもとりわけ信心深い男なんですよ。
ぜひ、Rくんと行くべきです!


「わーーったよ、
そんなに言うなら行ってやろうじゃないのよっ!

とこの日、オリエンタル前で待ち合わせして、バンコク寺めぐりツアーのガイドを務めてもらうことになったのだ。


そんなこんなで、待ち合わせの場に現れたR氏。
このR氏は、タイでは小金持ちのようで(でなきゃ、ハイアットのビュッフェなんか来ないよね)、そのせいかタイ人としては珍しい巨体系。ついでに言うと性格はおとなしく、気前もよい、という実に理想的なガイド。(しかし、彼も物好きだよなー)

かなりおかしな3人組で、船着き場へ向かう。
さっきまで準備中だった屋台が営業しているのを、興味深げに眺める私たちに気づいたR氏、すかさず屋台で何やら購入している。 ・・・イヤな予感。

私たちの不安をよそに、R氏は淡々と前へ進み、船着き場へ到着。
「あのローカルな乗り合いボートで行くのね」と思っていたら、なんとR氏、ボートをチャーターしているではないか! よっ!太っ腹っ! (3時間で1600バーツくらいだったかな?タイ人じゃなかったらもっと高いだろうけど)
boat.jpg
カラーリングが素敵なボート。
思いもかけぬVIP待遇に恐縮しつつ、船に乗り込むと早速、さっき買ったばかりの揚げバナナと揚げイモを差し出された。 うう・・・やっぱりか。

アバウトな性格のわりに、不衛生なホテルとか飲食店ではめっぽうヘコむ私。usaもウイルス&バクテリアをかなり警戒するタイプ。そして、二人ともジャンキーな揚げ物は基本的に好きじゃない。
この何日同じ油使ってるんだろう?ってかんじのフライは、我々にとっては完全に「招かれざる客」。第一、お腹いっぱいだし・・・。

でも、ここは食べないわけにはいくまい。
usaがひとつ、私は3つくらい食べて、後は「朝ごはんいっぱい食べたから・・・」とR氏に処理を託す。味は・・・不味くはないけど、油が古いよー。

それにしても、ボートで移動するって気持ちいい。まぶしいけど、何ともいえない開放感がある。
boatguy.jpg
天気もいいし、おっちゃんもゴキゲンだ。

どのくらいゴキゲンかというと・・・

gokigen.jpg
このくらいゴキゲン♪

そうこうしているうちに、最初の目的地、ワット・アルン(暁の寺)が見えてきた。
river-cruise.jpg

日本では三島由紀夫の小説で知られるワット・アルンは、石像とモザイクのようにはめ込んだ陶器で覆われた寺。
watarun2.jpg
なかなか、見ごたえがあります。
しかし・・・天気が良すぎて暑い。暑すぎる。。。
watarun1.jpg
(写真、いっぱいあるけど加工が面倒なのであとは割愛)

で、さっそくタイ人ならではのディープな寺ガイドを満喫しようかとR氏に質問してみた。
famao 「この寺は面白い外観やねー」
R氏 「そうだねー。この石像は方角によって表情が違うんだよ」
famao 「ほー、なるほど。でもなんでこんな派手な寺にしたのかしら?この寺にはどんな歴史があるの?」
R氏 「あー、よく知らない
famao 「・・・あ、じゃあ、あなたたちタイ人はここへ来るとどんなふうにお参りするの?」
R氏 「いや、普通のタイ人は来ない。ここは観光地ね

あ、なるほどー ・・・って、ヲイ!ガイドにも何にもなってないよ・・・。
脱力する2名。

しかも、英語が話せるはずのR氏に英語で話しかけても、笑顔で「なに?(日本語)」と聞き返されることばかり。最初は私の発音が悪いせいかと思っていたが、まもなく「コイツ、実は英語あんまわかってねえ・・・」ということが判明。
この後は、英語でのコミュニケーションをあきらめ、彼の幼稚園児レベルの日本語を頼りにイマイチかみ合わない会話をする羽目になった。ディープな寺ガイドなど、望むべくもない。

「Kさん、アナタ、ほんとうにRさんのお友達ですか?」と言いたいところだが、Kさんはかなりの秀才でタイ語もペラペラだ。R氏と英語や日本語で会話をすることなどないのだろう。。。

早くもR氏がガイドとしてはイマイチであることが証明されてしまったので、自主的に観光することに決定。と、同時にこの妙ちきりんなシチュエーションも積極的に楽しむことにした
watarun3.jpg
この鐘みたいなのを普通の観光客と同じようにガンガン叩いて喜んでいた、
「敬虔な仏教徒」 R氏。。。

約3時間半の汗だく珍道中は、まだまだ続く。。。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[] 2010/02/05(金) 02:56 [EDIT]

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [つづきを読む]
| 2012/11/22(木) 11:58
Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。