スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5日目(1):オリエンターの優雅な朝
written by usa

海外のホテルでは、プールで過ごす優雅なひとときも楽しみの一つ。
なんて言いながらも、朝から晩まで遊びに出掛けたり、食べ歩くのに忙しい我々。
そんな暇ありゃしない・・・結局コンラッドでも一度も行けなかったし。

しかしここはオリエンタル。
絶対に、プールサイドで優雅なひとときを堪能せねばならない

そんな訳で、ちょっぴり早起きしていざプールへ。

pool2.jpg

チャオプラヤー川に面した中庭にあるプールは大小2つ。
こちらは、小さい方のプール。 なんともいい雰囲気。
ウロウロしながら、こんな素敵な東屋のようなところに落ち着く。

20060906234028.jpg

そんな二人をさりげなくチェックしていたのか、すかさず冷たい水の入ったグラスと、
大きなタオルを持ってきてくれるスタッフ。
さすがです。
優雅に、まったり過ごすひととき。
難を言えば、隣にレストランがあるので朝食を食べている人々から
バッチリ見えるという事。
これは、少し恥ずかしい。

ひとしきりプールで楽しんだ後は、着替えて朝食タイム。
まさに、さっきまで泳いでいたプールの隣のレストラン
「リバーサイド・テラス」
憧れのリバーサイドでの朝食だ~。

ところが、リバーサイドの席は満席だと庭寄りの席に案内しようとするスタッフ。
えぇ~? しかし確かに満席だ・・・。
でも、、私達は、、、リバーサイドじゃなきゃ・・・
と訴えるfamao。
スタッフ、あくまでも優雅に対応。そして、振り返るとにっこり。
ちょっと待ってねと、丁度空いた席を確保。
ささっと片付け、案内してくれる。
さすがです。

20060906233931.jpg

朝食ビュッフェはなかなか充実した品揃え。
もちろん卵料理は注文通りに作ってくれるし、サンドイッチなんかもある。
ドライフルーツやフレッシュジュースも豊富。

確保して貰った席は、本当に最高。
朝なので、まだそんなに暑くもなく、風が心地良い。
20060906234002.jpg

20060906233943.jpg

チャオプラヤー川の向かいにそびえ建つペニンシュラホテルと
行き交う船を眺めながら優雅に頂き、大満足。

朝食の後は、少し散歩でもとホテルを出て、隣の船着場の方へ
それにしても世界に名高いホテルだというのに、一歩出ると別世界
かなり怪しげな雰囲気になるのがちょっと凄い。

20060919015053.jpg
20060917001702.jpg

ORIENTALという名の船着場なんだけど、、、なんて汚いんだー!

ちょっとびびりながらも、船着場に行ったのはせっかくなので向かいのペニンシュラへ行ってみたかったから。
でも、一般の渡し舟に乗らないといけないかと思いきや、少し待つと
緑色のペニンシュラの専用船がやってきた!
良かった。

そして、ペニンシュラと言えば・・・
きっとペニンシュラブティックがあるはず~。
ありましたっ!

20060917001645.jpg

香港でも大満足だったペニンシュラのスイーツ。
バンコクでは、いまいちスイーツ欲が満たされていなかこともありこれは見逃せない。

Caramelized Mango Creamy Tart B90
Chocolate Creamy with Raspberry B90
20060917001628.jpg

部屋に持ち帰り、後で食べたのだけどどちらも濃厚でかなり美味しかった!
さすがペニンシュラ。
しかもやっぱり安いし。


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。