スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目(1):食べ続ける人々
written by usa

旅も4日目になると、少しお疲れモードなんだけど過密スケジュールは昨日まで。
今日からは優雅に過ごす予定なのだっ

その前に、まずはコンラッド最後の朝食ビュッフェ。
3連泊となると、そろそろ目新しいメニューもないんだけど・・・。
まあ、普通にお腹いっぱいいただく。

それからもう一つ例のブツを渡すという重大任務が残っているので、依頼人K氏とコンラッドのロビーで待ち合わせ。
無事にブツの受け渡しが完了すると、ホテル隣のビルにあるコーヒーショップに移動。実は、コンラッドホテルは総合開発施設All Season's Place の中にあって、オフィス・コンドミニアム・ショッピングセンター、そして私達の大好きなスーパーもあるという話だったんだけど・・・。
残念ながら時間がなく、まったく行けなかった。隣なのに。

さて、このK氏は某一流大学の修士課程を卒業後、タイにはまり、日本とタイを行ったりきたりするうちに、とうとうタイに居ついてしまったというユニークな経歴の持ち主。何の縁だかfamaoとは知り合い。
そんなこんなでコーヒーショップでタイ談義をしていると、K氏が友人のタイ人で日本人と仲良くなりたいやつがいるので、今からランチを一緒にできないかという。あとの予定まで2時間ぐらいあるし、急遽出掛けることに。
ところが、ここで突然のスコール。
送迎バスで最寄のBTSのPhloen Chit駅まで行くまでは良かったんだけど、バス停から駅構内まで屋根無し。
タイ初スコールは物凄かった!バケツをひっくり返したような勢い。
傘をもっていなかった私達に、自分の傘を渡すジェントルK氏。
・・と、そのまま慌てて走ろうとしたK氏が新喜劇のごとくすってんころりん。
嗚呼・・・。

20060521213624.jpg

目的地は、BTSで一駅のChitlom駅で降りるとすぐのGRAND HYATT ERAWAN BANGKOK
現代的な外観に反して優雅なコロニアル調のロビーは高い天井に白い柱が並び、緑がいっぱい。そんな雰囲気の中に入っていくずぶ濡れのK氏。どうしよーーと思いきや、どこかであっという間に着替えて現れる。
てか、なんで着替え持ってるんだ!?! 謎だ。
20060521213641.jpg

そしてK氏オススメのレストランはディープなタイ料理屋ではなく、このロビーの奥にある
The Dining Room
ここのランチビュッフェは、ホテルのビュッフェでは珍しくタイ料理も豊富で美味しいらしんだけど、お値段もタイにしてはかなり高く一人900バーツ程度。
さっきまで、タイでの貧乏生活について語っていたK氏
割り勘とはいえ、大丈夫なのか??と余計な心配をしちゃったりして。

そんな事はともかく、ここのビュッフェは本当に素晴らしかった。
数々のタイ料理、地方の伝統的な料理なんかもあったし、
20060521213746.jpg

目の前で調理される温かい料理や、シーフードの数々。
20060521213756.jpg

刺身や鮨なんかもあったんだけど、さすがにタイで鮨食べてもなぁと、
タイ料理を中心に食べる。
famaoがずっと食べたがっていた青パパイヤサラダ Som tum(ソムタム)もあった! 結局旅行中にソムタムが食べられたのは、この時だけ。
20060521213815.jpg

食べる、食べる・・・。
20060521213829.jpg

しかし、残念ながら朝もしっかりビュッフェで食べているのでこれぐらいが限界。
ふと隣を見ると、K氏のお皿には山盛りの肉料理。追加、追加、さらに追加。そしてシーフードにサラダ、山盛りのパンにスープ。
明らかに私達の10倍以上は食べてる。
一週間分くらい食いだめ?!? 謎だ。

まあ、私もデザートは別腹なんだけどね。

ケーキや、フルーツが充実しているだけじゃなく
20060521213855.jpg

憧れの チョコレート・ファウンテン がっ!
20060521213842.jpg

香港では、狙っていたけど食べる暇のなかったこれにこんなところで出会えるなんて!!! テンションの上がる私。
さあ、エンジン全開で行くわよ。

串にさした果物やシュー生地に流れるチョコレートをからめる。
楽し~い。
20060521213659.jpg

タイの伝統的デザート、KHAO NIAO MAMUANG (マンゴーともち米のココナッツソースかけ)もめちゃうまいっ。

マンゴーはもちろんおかわり、ケーキも少しだけ味見。 
20060521213733.jpg

マンゴー&ココナッツ&ピスタチオのアイスもイケる。

アジアンなデザートも少し頂かなくては。
20060521213710.jpg

ちなみにK氏のお皿はケーキがてんこ盛り。まだ食うのかっ。

これもタイの伝統的なお菓子 Luuk chup (ルーク・チュップ)
20060521213906.jpg

野菜や果物の形をしたこのお菓子は、指先でつまめるほど小さいのに、どれも精巧に出来ていて本物そっくり。
でも、正直いってこういうかわいいのって味はねぇ・・と思ったんだけど、意外や意外に美味しい。緑豆とココナッツミルクで作った餡を寒天で固めてあってまるで和菓子。やっぱり同じアジア圏、微妙に近い文化があったりするのね。

ところで、ランチの主旨(のはず)のK氏の友人のタイ人もちゃんと一緒だったんだけど、なにしろ食べるのに忙しく・・・この時は会っただけというのが本当のところ。
おおよそタイ人らしからぬ風貌の彼は、実はこのあともう一度登場するんだけどそれはまた後の話。

さて、そんなこんなで満腹でドタバタとコンラッドに戻った二人。
全然優雅じゃないじゃんっ。

しかし、預けていたスーツケースと共にしばしロビーで待っていると・・・
制服を着た運転手がうやうやしく登場、
表で待っていたのは、ピカピカのBMW。
20060528213122.jpg

さあ、これからやっと優雅な一日が始まる・・・。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。