FC2ブログ
スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目(3):タイシルクと言えば「トム・ジンプソン」 ・・・あれ?
written by famao

タイと言えばシルク、タイシルクと言えば「ジム・トンプソン」。

食欲が満たされたら、後は物欲だといわんばかりに、タイで最も危ないショップへ。
(危ないと言っても、それはジム・トンプソンがスパイだったから危険とか、そういう意味ではないです)

BTSサラディーン駅を降りると、けっこう下町。日本人向けの店がいっぱいあって驚いた。
めっちゃタイなスタバ。
starbucks.jpg
雑誌で「世界のスタバ特集」とかしたら、売れるんじゃないかなあ。外観とか、メニューとか、オリジナルマグとか、あと「国民平均所得÷スターバックス・ラテ1杯の価格」とか比較しても面白そう。ブルータスとか、relaxあたり(要はマガジンハウス系)が好きそうな企画。

市場やら、屋台やら・・・なんか異様に美味そうに見える。飲茶で満腹じゃなけりゃ、トライしてたかもしれないなー。
downtown.jpg

そんなこんなで、テクテク10分弱ほど歩いてたどり着いたのは、ジム・トンプソンの本店。
jimthompson.jpg

このあと、ホテルやら空港やらでジム・トンプソンを見たけど、やっぱり本店の品揃えは圧巻。インテリア系とバッグ類がかなりイイ!
jimthompson-interior.jpg
使いやすいデザインのものが多くて、しかも香港の上海灘なんかと違って安いんだ、これが。バッグなんて日本円で3000円~1万円くらいで買える。いかにもってかんじの小袋系お土産アイテムも多いので、日本人がここに集まるのは必然。

本店で一通り物色した後、徒歩10分くらいのところにあるアウトレット店に行ってみることにした。(ほんとはBTSオンヌット駅にある大きなほうのアウトレットにも行きたいところだけど、いかんせん時間がないので)

行ってみると、そこは・・・・布、布、布。
jimthompsonoutlet.jpg
カーテンとかベッドカバーとかによさげな布がどっさり。(あんまり服やドレスに使えそうな生地はなかった気がする)

ガッカリしつつも、クッションカバーを4枚ほど購入。すると店のお兄さん「2000バーツ以上になったので、VAT(付加価値税)の還付書類を書きますねー。パスポート番号教えてください」と言う。パスポートはホテルに置いてきたし、わからない。「なんとかなんないのー?」と軽くゴネてみると、「じゃあ、パスポート番号がわかったらお店に電話して僕に教えて」てことになった。いいヤツじゃん。

で、再び本店に戻って本格的にお買い物。
バッグにスカーフ、シャツ、あと友人の子供にTシャツ、象のぬいぐるみ・・・と買いまくり。(つーても金額的には知れてる)

このときも当然、「パスポート番号問題」が浮上したので、「じゃ、後から電話するわ」と言うと、店のお姉さんはダメだと言う。「さっきアウトレットの店ではノープロブレムだったのに」とゴネると、今度はホテルを教えてくれとぶっきらぼうに言われた。なんちゅー違いやっ!と思っていたら、コンラッドに電話をかけて、パスポート番号を聞いてくれた。意外に親切じゃん。(てか、さっきの兄ちゃんもそうしてくれよ・・・)

とりあえず、無事にミッション・コンプリート!しました。

ジム・トンプソンの家」にも興味あったけど、時間なかったなー。

しかし・・・際限なくクッションカバーばかり増える我が家・・・どうすんだ!?
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。