スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3日目(1):迷うべくして迷う人々
written by famao

3日目は街歩き。雑貨屋だのショッピングモールだの、例によってウロウロウロウロする日だ。

まずはOL旅の友、「CREA TRAVELLERS」や「」を手に、雑貨屋めぐりだ。

BTSのアソーク(ASOK:車内アナウンスは「あっそー」って聞こえます)で降りて、まずは「ラシ・サヤム」というガイドブックでも有名な雑貨&インテリアの店に向かった。

ずんずん北上していくと、なかなか面白い風景が広がってきた。
street.jpg
豪邸と下町が隣り合わせって、ほんとアジアな光景だなー。

BTSを降りたあと、地図を見ていたusaがぼそっと「これ、けっこう駅から遠いよ」とつぶやいたときは、「えー、そうかなー」とたいして気にもとめていなかった私だが、さすがにこの暑さの中を10分も歩くと「う、やっぱ遠いかも」と思うようになった。

そういえば、ちょっと風景も変わってきたぞ。
工事現場みたいな場所が増えてきて、日本人や白人の姿など1人もなく、ひたすら誰が住んでるんだかわからない大きな家と、作業員でごった返す工事現場と、ソムタム屋台が目立つ。
salesguys.jpg
こ、こんな商売、成り立つわけ???

軽くバテてきた頃、ようやくSoi23にある目的地付近にたどり着いた私たちは非情な張り紙を目にする。

$&%@!!#* (タイ語)
RASI SAYAM
Soi 33

famao 「らし・さやむ・・・そい さんじゅうさん?」
usa 「へっ?23のはずだよ?」
famao 「もしかして・・・・移転?」

ガーーーンっ!!

Soi33と言えば、もう1軒行こうと思っていた「ニア・イコール」って店と同じ通りだ。なんてこったい!
仕方がないので、Soi23とSoi33("Soi"は道のこと)のあいだに何軒かある雑貨屋や家具屋をのぞきながら、この2店を目指そうということになった。

・・・悲劇はここから始まった。

どうも私、famaoは道に疎く、なのに地図もよく見ない。当然のことながら、道に迷うことが多いのだが、学習能力にも乏しいので、何度痛い目にあっても、つい「ま、そのうち着くでしょー」とノンキに構える傾向がある。

一方、usaは自他共に認める(?)「歩くGPS」
海外だと現地のマップをインストールするのに多少時間がかかるが、2日も経てばフル稼働。当然、私は国内でも海外でもusa頼みだ。

ところがこのとき、地図を見ていたusaが「私、ここからSoi33に行く自信ないよ。」などとGPSにあるまじき気弱なことを言う。よくよく地図を見てみると、私たちの現在地とSoi33を直線でつなぐ道路はなく、しかも唯一のルートと思しき道が途中で消えている

こういうときこそ私の出番。usaが調査・分析しても答えが出ないときは、私が野生の勘で「えいやっ」と決断する。役割分担というやつだ。
さっそく、「いやー大丈夫だよ、きっと」と、何の根拠もない自信をもとに、僭越ながらワタクシめがナビゲートすることにした。

結果は・・・ ダダ迷い!

いくつかの店をめぐり、汗だくになりながら住宅街だか、新興開発地だかわからない地域をテクテクテクテク歩くが、曲がりたいところに角はないし、もうここがどこだかわからなくなってきた。
気がつくと、「なんでこんなところに日本人観光客がいるんだ?」と言わんばかりに、半笑いでこの奇妙な日本人2名を見つめる作業員のかたがたがズラリ。「ああ、せめて英語が通じればなあ・・・」と複雑な微笑みを返す私たち。

もうアカンーー!とタイで干からびる覚悟を決めた(?)そのとき、目の前にちょっとした商業地の風景が開けてきた。おお!スーパーマーケットがある!「誰かに道を聞けるかもしれない」という期待を胸に、それに何より根っからのスーパー好きの2名は、とりあえず入る。

中に入ると、なんとアジの南蛮漬やきんぴらごぼうが並ぶ「お惣菜コーナー」がある。どう見ても日本人御用達スーパー

「おー!ここは日本人駐在員の居住地域だよ、きっと。絶対に日本人がいるはず!」と鼻息も荒く、日本人を探そう!ということに。
捜索を開始して、3分ほどで早くも日本語が聞こえてきた。

喜びいっぱいでその子連れの女性に話しかけた私、その第一声は
「あのっ、日本人のかたですよねっ?私たち、日本人観光客なんです!

後になってusaが「・・・『日本人観光客』て、自分でそんなこと言う人間いないよ。かえって怪しいし」とひと言。
ええ、おっしゃる通りで。

親切な駐在員マダムは「えー、ここはSoi39ですよ。Soi23から歩いてきたんですか?」と目を丸くしつつ、とりあえず、このスーパーの横からサムローって乗り物が出てるので、それに乗って「ソイ○×△(忘れた)」と言えばいいと教えてくれた。
こいつがサムロー。
minitaxi.jpg
お世辞にも乗り心地がいいとは言えないけど、徒歩じゃなきゃ何だっていいさ。

そんなこんなで、ようやくたどり着いたのは「ニア・イコール」。
nearequal.jpg
日本人オーナーが経営する店で、雑貨やら家具やら、目移りするものがてんこ盛り。アクセサリーも安くてカワイイ。(ネックレスだけでも5つくらい買った)

遭難の原因をつくった「ラシ・サヤム」はどうしたのかって?
定休日だったさ!
どこまでも我々とは縁のない店だ。

とりあえず、結果オーライということで。(?)
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。