スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5日目(3):普通に市内観光・・・のはずが
written by famao
(※長いうえに、観光情報としてはイマイチ役立たずです)

オリエンタル・スパで骨ヌキになった後は、(5日目にしてようやくまともな)市内観光へ。

王宮とエメラルド寺院、ワット・ポー、ワット・アルンなんかを見て回る「お約束」の観光コースを予定していたんだけど・・・

・・・2日前、ハイアットでK氏と彼の友人、R氏とランチしていたときのこと。
K氏が「やっぱり寺めぐりはタイ人と行くべきですよ。絶対Rくんに案内を頼んだほうがいい。ただ見に行くのとはワケが違うから。Rくんは日本語はそんなにうまくないけど、英語はバッチリだから」とタイ人の友人R氏との観光を強力にプッシュしてきた。
・・・普通なら、「アタシらのどちらかとR氏をセットアップしようとしているに違いない」と思うところだけど、K氏のキャラを考えると、全く他意がないことは明らか。

「タイ人はすごく信心深いから、お寺のことやなんかもすごく詳しいし、
Rくんはタイ人の中でもとりわけ信心深い男なんですよ。
ぜひ、Rくんと行くべきです!


「わーーったよ、
そんなに言うなら行ってやろうじゃないのよっ!

とこの日、オリエンタル前で待ち合わせして、バンコク寺めぐりツアーのガイドを務めてもらうことになったのだ。


そんなこんなで、待ち合わせの場に現れたR氏。
このR氏は、タイでは小金持ちのようで(でなきゃ、ハイアットのビュッフェなんか来ないよね)、そのせいかタイ人としては珍しい巨体系。ついでに言うと性格はおとなしく、気前もよい、という実に理想的なガイド。(しかし、彼も物好きだよなー)

かなりおかしな3人組で、船着き場へ向かう。
さっきまで準備中だった屋台が営業しているのを、興味深げに眺める私たちに気づいたR氏、すかさず屋台で何やら購入している。 ・・・イヤな予感。

私たちの不安をよそに、R氏は淡々と前へ進み、船着き場へ到着。
「あのローカルな乗り合いボートで行くのね」と思っていたら、なんとR氏、ボートをチャーターしているではないか! よっ!太っ腹っ! (3時間で1600バーツくらいだったかな?タイ人じゃなかったらもっと高いだろうけど)
boat.jpg
カラーリングが素敵なボート。
思いもかけぬVIP待遇に恐縮しつつ、船に乗り込むと早速、さっき買ったばかりの揚げバナナと揚げイモを差し出された。 うう・・・やっぱりか。

アバウトな性格のわりに、不衛生なホテルとか飲食店ではめっぽうヘコむ私。usaもウイルス&バクテリアをかなり警戒するタイプ。そして、二人ともジャンキーな揚げ物は基本的に好きじゃない。
この何日同じ油使ってるんだろう?ってかんじのフライは、我々にとっては完全に「招かれざる客」。第一、お腹いっぱいだし・・・。

でも、ここは食べないわけにはいくまい。
usaがひとつ、私は3つくらい食べて、後は「朝ごはんいっぱい食べたから・・・」とR氏に処理を託す。味は・・・不味くはないけど、油が古いよー。

それにしても、ボートで移動するって気持ちいい。まぶしいけど、何ともいえない開放感がある。
boatguy.jpg
天気もいいし、おっちゃんもゴキゲンだ。

どのくらいゴキゲンかというと・・・

gokigen.jpg
このくらいゴキゲン♪

そうこうしているうちに、最初の目的地、ワット・アルン(暁の寺)が見えてきた。
river-cruise.jpg

日本では三島由紀夫の小説で知られるワット・アルンは、石像とモザイクのようにはめ込んだ陶器で覆われた寺。
watarun2.jpg
なかなか、見ごたえがあります。
しかし・・・天気が良すぎて暑い。暑すぎる。。。
watarun1.jpg
(写真、いっぱいあるけど加工が面倒なのであとは割愛)

で、さっそくタイ人ならではのディープな寺ガイドを満喫しようかとR氏に質問してみた。
famao 「この寺は面白い外観やねー」
R氏 「そうだねー。この石像は方角によって表情が違うんだよ」
famao 「ほー、なるほど。でもなんでこんな派手な寺にしたのかしら?この寺にはどんな歴史があるの?」
R氏 「あー、よく知らない
famao 「・・・あ、じゃあ、あなたたちタイ人はここへ来るとどんなふうにお参りするの?」
R氏 「いや、普通のタイ人は来ない。ここは観光地ね

あ、なるほどー ・・・って、ヲイ!ガイドにも何にもなってないよ・・・。
脱力する2名。

しかも、英語が話せるはずのR氏に英語で話しかけても、笑顔で「なに?(日本語)」と聞き返されることばかり。最初は私の発音が悪いせいかと思っていたが、まもなく「コイツ、実は英語あんまわかってねえ・・・」ということが判明。
この後は、英語でのコミュニケーションをあきらめ、彼の幼稚園児レベルの日本語を頼りにイマイチかみ合わない会話をする羽目になった。ディープな寺ガイドなど、望むべくもない。

「Kさん、アナタ、ほんとうにRさんのお友達ですか?」と言いたいところだが、Kさんはかなりの秀才でタイ語もペラペラだ。R氏と英語や日本語で会話をすることなどないのだろう。。。

早くもR氏がガイドとしてはイマイチであることが証明されてしまったので、自主的に観光することに決定。と、同時にこの妙ちきりんなシチュエーションも積極的に楽しむことにした
watarun3.jpg
この鐘みたいなのを普通の観光客と同じようにガンガン叩いて喜んでいた、
「敬虔な仏教徒」 R氏。。。

約3時間半の汗だく珍道中は、まだまだ続く。。。
スポンサーサイト
5日目(2)?:スパスイートで女同士ハダカのつき合い
written by famao

朝からガッツリ食べて、申し訳程度に泳いだ私たちの次なる予定は、メイン・エベント。

題して、
「私たち、筋金入りの一般庶民だけど、
オリエンタル・スパ・スイートでちょっぴりセレブ気分!」
企画
(死ぬまでにいっぺん使ってみたかったのよね。「セレブ気分」て言葉)

てなわけで、またおなじみのオリエンタルボートでスパへ。
spasuite-boat.jpg
やや不完全燃焼だった昨日と違って、今日はスパスイートで半日プログラム。自然と期待も膨らむ。
spasuite-waiting.jpg
おー、広い!さすがスイートだ。
spasuite-drink.jpg
パイナップルジュースとココナッツジュースを飲みつつ、写真を撮りまくる。

spasuite-jaquji.jpg
ジャグジーもゴージャスやっ!
軽くシャワーを浴びたら、このジャグジーに好きな入浴剤(?)を入れてスイッチオン!
極楽じゃ~~~。
(使わなかったけど、ロクシタンのバスキューブもあったので、これはちゃっかりパクりました)

ひとしきりジャグジーで遊んだら、今度はシャワールームでミストサウナ。
spasuite-shower.jpg

・・・と、まだ部屋に入って20分かそこらなのに、早くもトリートメント・スタッフが入ってきた。 早い、早すぎる!
これじゃあ、マカウのマンダリン・オリエンタルのほうがよっぽど優雅だったよー。 
世界屈指のスパじゃないのか!?>オリエンタル

慌てふためきつつ、寝転ぶ2名。 まさに、まな板の上の鯉
spasuite-beds.jpg
 「煮るなり焼くなり、好きにしてください」

私たちが選んだのは、「ザ・リバイバー」という2人向けの半日プログラムで、所要時間はバスタイムも入れて4時間。
プログラムの内容はこんなかんじ。
・ディスカバー・フェイシャル (60分)
・リバイタライジング・シーウィード・トリートメント (30分)
・オリエンタル・マッサージ (60分)
・オリエンタル・フット・マッサージ (30分)
(マッサージやフェイシャルはいろいろ選べます。詳しくはこちら

まず、顔の吹き出物やら角栓やらを取ってツルツルにしてからフェイシャル。このお道具、欲しいなあー。しかし・・・私(famao)は敏感肌なんで、いつも「ゆるーくやってください」と言わなきゃならない。なんで、いまひとつフェイシャルを満喫できてないのが残念。

お次はシーウィードトリートメント。要は海草パックですな。
全身を緑の海草まみれにされて、ラップしてしばらく放置。。。(ちょっと「注文の多い料理店」を思い出しました)

シャワールームで海草を流し(これがなかなか落ちないんだな)たら、マッサージウェアに着替えてオリエンタル・マッサージ。
これはタイマッサージのオリエンタル版なんだけど、さすがに気持ちいい~~~。後半は意識もぶっ飛んで、ヨダレが出そうだった。

半覚醒のまま、フットマッサージでフィニッシュ。
お茶を飲みながら、まったり&ボーゼンの二人。

終わってみた感想としては、、、優雅さに関してはやや期待はずれ。トリートメントに関しては、まあ満足。
我々がリピーターだったり、本物のセレブだったりすると扱いも違ってくるのかもしれませんが、あまりに有名すぎて、そしてあまりに日本人客も多すぎて、ややスレた感があることは否めないな。

気になるお値段は・・・デラックススイートでUS$570、オリエンタル・スイートでUS$610(+税サ17%)。なので、一人あたり4万円ちょっと。
タイでは破格に高いけど(でも、コンラッドはもっと高い)、東京のマンダリン・オリエンタルなら2時間のトリートメントでも4万以上することを考えて、ヨシとしましょうか。

ミーハーネタのひとつとして、おすすめします。
5日目(1):オリエンターの優雅な朝
written by usa

海外のホテルでは、プールで過ごす優雅なひとときも楽しみの一つ。
なんて言いながらも、朝から晩まで遊びに出掛けたり、食べ歩くのに忙しい我々。
そんな暇ありゃしない・・・結局コンラッドでも一度も行けなかったし。

しかしここはオリエンタル。
絶対に、プールサイドで優雅なひとときを堪能せねばならない

そんな訳で、ちょっぴり早起きしていざプールへ。

pool2.jpg

チャオプラヤー川に面した中庭にあるプールは大小2つ。
こちらは、小さい方のプール。 なんともいい雰囲気。
ウロウロしながら、こんな素敵な東屋のようなところに落ち着く。

20060906234028.jpg

そんな二人をさりげなくチェックしていたのか、すかさず冷たい水の入ったグラスと、
大きなタオルを持ってきてくれるスタッフ。
さすがです。
優雅に、まったり過ごすひととき。
難を言えば、隣にレストランがあるので朝食を食べている人々から
バッチリ見えるという事。
これは、少し恥ずかしい。

ひとしきりプールで楽しんだ後は、着替えて朝食タイム。
まさに、さっきまで泳いでいたプールの隣のレストラン
「リバーサイド・テラス」
憧れのリバーサイドでの朝食だ~。

ところが、リバーサイドの席は満席だと庭寄りの席に案内しようとするスタッフ。
えぇ~? しかし確かに満席だ・・・。
でも、、私達は、、、リバーサイドじゃなきゃ・・・
と訴えるfamao。
スタッフ、あくまでも優雅に対応。そして、振り返るとにっこり。
ちょっと待ってねと、丁度空いた席を確保。
ささっと片付け、案内してくれる。
さすがです。

20060906233931.jpg

朝食ビュッフェはなかなか充実した品揃え。
もちろん卵料理は注文通りに作ってくれるし、サンドイッチなんかもある。
ドライフルーツやフレッシュジュースも豊富。

確保して貰った席は、本当に最高。
朝なので、まだそんなに暑くもなく、風が心地良い。
20060906234002.jpg

20060906233943.jpg

チャオプラヤー川の向かいにそびえ建つペニンシュラホテルと
行き交う船を眺めながら優雅に頂き、大満足。

朝食の後は、少し散歩でもとホテルを出て、隣の船着場の方へ
それにしても世界に名高いホテルだというのに、一歩出ると別世界
かなり怪しげな雰囲気になるのがちょっと凄い。

20060919015053.jpg
20060917001702.jpg

ORIENTALという名の船着場なんだけど、、、なんて汚いんだー!

ちょっとびびりながらも、船着場に行ったのはせっかくなので向かいのペニンシュラへ行ってみたかったから。
でも、一般の渡し舟に乗らないといけないかと思いきや、少し待つと
緑色のペニンシュラの専用船がやってきた!
良かった。

そして、ペニンシュラと言えば・・・
きっとペニンシュラブティックがあるはず~。
ありましたっ!

20060917001645.jpg

香港でも大満足だったペニンシュラのスイーツ。
バンコクでは、いまいちスイーツ欲が満たされていなかこともありこれは見逃せない。

Caramelized Mango Creamy Tart B90
Chocolate Creamy with Raspberry B90
20060917001628.jpg

部屋に持ち帰り、後で食べたのだけどどちらも濃厚でかなり美味しかった!
さすがペニンシュラ。
しかもやっぱり安いし。


Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。