スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4日目(3):オリエンタル・スパ
written by usa

いよいよ憧れのオリエンタル・スパ
こちらのスパは、チャオプラヤー川を挟んだ対岸の別棟にあるのでまずは専用の船着場へ向かう。

オリエンターの旗がはためく、立派な専用船がやってくると気分も盛り上がるなぁ。
spa.jpg

船を下りて、まず見えるのがタイレストラン「サラ・リム・ナーム」
その横を抜け、奥へ進んでいくとスパ棟にたどり着く。
spa2.jpg

この階段を上がった2Fがスパの入口。

ここで、タイシルクの衣装をまとったスタッフが登場したんだけど
この出迎えが今ひとつ優雅ではなくで、ちょっとずっこける。。

あれ?と思いながらも気を取り直して、靴を脱ぎ中へ入ると、美しい木の内装で落ち着いた雰囲気、いい感じ。
spa3.jpg

まずは、ここでお茶を一杯頂く。レモングラスティーだったかな。
spa6.jpg

ほっと一息したところで、更に階段を上り施術室へ案内される。
spa4.jpg

スタッフが 「 シャワーを浴びて待っていてね 」 と言い去っていく…
シャワーだけ?? マカウのマンダリンオリエンタルのスパでは、共用のジャグジールームがあったのでてっきりここでもジャグジーでゆっくりできると思っていただけにちょっとがっかり。
しかも、かなり早いタイミングで担当スタッフが入ってきちゃって大慌て。
spa5.jpg

とはいえ、スタンダードルームのこの部屋でもドアの取っ手一つ一つや天井まで凝っていて部屋はなかなか凄い。
spa7.jpg

今日は、まず単品メニューを一つ体験。

Lymphatic Detoxification Massage 
spa8.jpg

このリンパマッサージ、最初から最後まで手を抜かない丁寧な施術でさすが!かなり気持ち良くて60分があっという間。 
うーーん 60分じゃやっぱり物足りなかったけど、まだ明日があるし!

施術後には、温かいハーブティが出されて、しばらくゆったりと過ごせる。
spa9.jpg

そして、着替えて受付に戻ると冷たいフルーツ&ヨーグルトのデザートが準備されていてびっくり。
この辺りは、なかなかいたれりつくせりなのね。

このコースで、一人US$75はタイの物価から考えると破格の高さ
でも日本の感覚で考えると、これだけ高級ホテルのスパにしては安い?!よね。
これは受ける価値ありです。


スポンサーサイト
4日目(2):オリエンター
written by famao

タイ人は「オリエンタ」じゃなくて、「オリエンター」と呼ぶオリエンタルホテル。
コンラッドからそのオリエンターへの道のりは、そりゃあもう快適のひと言。
ベテランドライバーは運転も接客も慣れたもので、自己紹介に始まり、おしぼりは出てくるわ、ミネラルウォーター(しかもオリジナルブランドだっ)は出てくるわと至れり尽くせり。
insidethelimo.jpg

ところが、道中の楽しいトークの中で彼が気になる発言をする。
曰く、明日はスペインの王様が来るからお寺観光するなら今日行くべき。自分も空港に迎えに行くことになってる、とかなんとか。
うーん、そんなこと言われても今日はスパの予約があるし・・・「とりあえず、聞かなかったことにしよう」と無視を決め込む二人。

そうこうしてるうちに到着。
10分ほど前にドライバーが電話を入れていたので、ちゃんと入り口でお出迎えがっ。

oriental-welcome-flower.jpg
こんな花輪を渡された。かなり強烈な香りがする。

日本人スタッフに連れられて、お部屋でチェックイン。
この人が実にそつがない。こういうところで一流感が出るなー。
ウェルカムドリンクもそこそこに、撮影開始!
oriental-bedroom.jpg
ベッドルームはけっこう広々してて、全体的にやさしい色で落ち着く。
oriental-room2.jpg

ウェルカムフルーツはマンゴー。
welcome-fruit.jpg
このマンゴーを最終日の出発前に食べたら、バカウマ!
青いと思って敬遠してたのが大間違いだった。

バスタブとシャワーブースが分かれてて、洗面台は2つある広々バスルームにはアメニティーがズラリ。
私が定める高級ホテルのベンチマーク、綿棒も当然のことながら、完備!
orental-bathroom.jpg
象柄のバスローブは土産に買って帰る人も多いらしい。私はタオル地のバスローブのが好きだけど・・・(実際、このバスローブを寝巻きだと思った私は、バトラーに電話して「バスローブがないよー」と文句たれてしまった)
ミネラルウォーターにはカバーまでついてる。
ついでに感動したのが、バスタブ脇にあるバスソルト。これがけっこう気持ちいい。
oriental-bathtub.jpg
木製の小物入れみたいなやつに入ってる。

窓からはチャオプラヤ川と沿岸の高級ホテル群が見える。
oriental-view.jpg
・・・でも眼下に広がるのは、汚い下町。

不思議な地域だ・・・。

さて、スパ!スパ!スパやっ!
Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。