スパにホテルにフカヒレに・・・2006年のバンコク旅行記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目(3):ようやくアユタヤ到着
written by famao

パン・パイン宮殿は王族の道楽ぶりサクレツの代物で、それなりの面白さはある。でも、同じ道楽ならUAEとかクウェートとかの王族のほうが、実に痛快な道楽ぶりを見せてもらえそうなわけで、そこいくと所詮はタイ王室。イマイチ地味で安いなというのが正直な感想。(それがある意味タイのいいとこなんだけどね。)
観光客としては、カートに乗って20分で巡れば十分てところ。

バン・パイン宮殿の灼熱地獄から開放された一行は、一路アユタヤへ。

おおー、日陰があるよー。

まずは、ワット・ヤイ・チャイ・モンコルで涅槃仏とコンニチワ。
nehan.jpg
「やーどうもどうも、こんなカッコで悪いね。まあ、ゆっくりしてってよ」

いつも寝っころがってるせいか(?)、ものすごい偏平足。
pedal.jpg
(クリックで拡大)

さて、このお寺はタイの地元の人たちもたくさん来てて、みなさん大きな線香と金箔を手にお参り。
この金箔をペタペタと仏像に貼る。足が悪い人は足に、目が悪い人は目に・・・らしいんだけど、あんま関係なく貼ってる気がする。
goldenbudda.jpg
アタマにでも貼ろうかと思いましたが、これだけ神頼みというのもどうかと思ってやめました。

その横には、7体の小さな仏像。この仏像たちの前には油で満たされた溝とランプ。(アルコールランプみたいなかんじ)参拝者たちがひしゃくを使ってこのランプの周りに油を注いでいる。
ここで、ガイドのおっちゃんが「何曜日生まれだ?」と聞いてくる。生まれた曜日によって、自分を守ってくれる(?)仏像が違うらしい。
tuesday.jpg
おっちゃんが調べてくれたら、なんと私もusaもともに火曜生まれ。火曜は涅槃仏なので、涅槃仏の前にあるランプに油を3回注ぐ。 うーん、よくわからん。
oilpouring.jpg

先ほどの金箔仏像の後ろにあった大きな仏像の裏側。
backshot1.jpg
仏像のバックショット撮影にハマった私。

さらに奥の部屋には、これまた仏像がいっぱい。
heavyelephant.jpg
この金色の象、ご存知でしょうか?

こいつ、こんなナリしてかなり重い。これを、女性は右手の中指(だったかな?)で、男性は左手の小指で持ち上げると願いが叶うらしい。
ふんしょっ!と持ち上げる。けっこう重いけどクリア。usaもかろうじてクリア。
goldelephant.jpg
こんなかんじ。
ところが、、、このツアーに参加してるカップルの男性(=唯一の男性)のほうが苦戦。もう、顔真っ赤にして腕震わせて必死で持ち上げたときは、一同ほっと胸をなでおろした。

願いごとも楽じゃないね。


まだまだアユタヤの旅は続く・・・。
スポンサーサイト
2日目(2):暑いっ ひたすら暑い バン・パイン宮殿
written by usa

タイ初マンゴーを満喫した後、ツアーの集合場所へ。
アユタヤ観光はツアーが楽そうだったのでウェンディーツアーアユタヤライトアップ(コースA)を日本でネット予約。JCBプラザで予約すれば、10%offだと後で気付いたんだけど、直接予約でもJCBカード払いにしたらちゃんと値引きしてくれた!!

この日の参加者は、新婚っぽいカップル&女性3人組&女性一人&私達の計8名でこじんまりとワゴンで出発。
ガイドは、なんだか冴えない感じのおっちゃん。
アユタヤまでは片道2時間程、まず1時間程走ると、売店とフードコートのある高速のサービスエリアみたいなところで休憩。

なかなか美味しそうなお弁当 
20060325232949.jpg

とっても安いし食べてみたかったけど、お腹が空いてないので断念。

famao?? もとい、ペコちゃん!
20060325233006.jpg

タイにまで進出してたのか~ しかし、お弁当よりも高いっ!

famaoが買ったノド飴
20060325232918.jpg

甘いっと思いきや、かなりキョーレツな味。でも凄い効きそう~

更に30分程走ると、最初の目的地 「 バン・パイン宮殿 」 へ到着。
アユタヤ王朝時代、歴代の王たちが夏を過ごした宮殿。
1767年の王朝の滅亡以降荒廃していたが、ラマ4世、5世により再建整備され現在残っている宮殿のほとんどは,ラマ5世が建造したもの。

門を入ると広大な緑の庭園と大きな池広がる。
池の周りに立ち並ぶ大きな木は、マンゴーの木! 
20060325233119.jpg

まだまだ緑だけど、、生ってる!! 

上ばっかり見て歩いてると、突然、衛兵の行進に遭遇。
20060325233027.jpg

本物の銃を持つ軍隊。タイでは徴兵制があるらしいけど、彼らも?

大きな菩提樹と小さな祠。
20060325232932.jpg


黄金を使って建てられたここで唯一のタイ様式の離宮は、池の真ん中にある。わざわざ小船に乗って渡り、ここで過ごすとはさすが王様!なんとも優雅。
20060325233106.jpg

右の建物は、西洋式。

こちらも西洋式
20060325234433.jpg

それにしても、 広いっ 。 そして、 暑いっ 
園内にはカートもあって、それに乗って観光する人がめちゃめちゃ羨ましい・・・。
ひたすら歩く私達、そして冴えないと思っていたガイドのおっちゃん、実はかなりベテランのガイドらしく、丁寧に隅々まで案内してくれる。
おまけに、撮影ポイントでは率先してカメラを受取り、グループごとに’並んで並んで~’と撮影を買って出るのでみんな大喜び。
しかし、写真は撮りまくるが、おっちゃんの一緒に取ってあげるよという申し出をすべて断った私達・・・ 
仲の悪い二人? いえいえ、、今回も自分達の写真は一枚も撮らなかった二人。

池のほとりにそびえる塔
20060325233054.jpg

上に登ってる人が見えたので、嫌な予感がしたんだけど・・・
案の定、’展望台になってるから~’というおっちゃん。
かなりヘロヘロで、登る気なんてまったくなかったんだけど、ガイド魂に火が付いてるおっちゃんにめちゃ促されて、しぶしぶ登る。もちろん階段、しかもかなり狭く危なっかしい感じだわ、壁を補修中でガリガリ削ってて砂煙は凄いわ・・・。
(ちなみにおっちゃんは、ちゃっかり下で待ってた)

塔の上からの眺め
20060325233039.jpg

まあ、登ってしまえばなかなか景色も良く気持ちいいんだけどね。
下に見える中国風の建物は、唯一ここで建物の中が見学できる場所。
撮影は禁止だったけど、すべて中国から輸入した材料で造られていて、タイルで動物や鳥などの模様を描いた床や、細やかな装飾が施された玉座など豪華。

こんなかわいいものも。
20060325234507.jpg


宮殿にしては割と新しい建物が多かったせいか、、
’なんだかテーマパークみたい・・・ほらほら、あの潰れたレオマワールド!? あんな感じだよね~‘なんてこっそり話していた失礼な私達。
ところで、レオマワールドって ニューレオマワールドとして、また開園してたんだー びっくり!
2日目(1):やっぱり一日1マンゴー !?
written by usa

旅行中の朝は早い。
たとえ、深夜到着で眠りについたのが3時だろうが4時であろうとも、
普段、休みの日はけっして起きないusaであろうとも、
きっちり起きて、朝食を食べに行く。

コンラッドホテルでは朝食付きの宿泊予約だったので、2Fのレストランへ。
あちこちにゾウのオブジェがあったり、タイを実感!?
20060318191254.jpg

ビュッフェスタイルの朝食は、なかなかの充実度。

キッシュなんかもあって、嬉しくて毎朝取ってしまった!(しかも毎回具が変わったし)
20060318005823.jpg

特に美味しかったのが、大きな塊が豪快にカットされたハム。
タイ料理も少しだけあって、早くタイ料理が食べたくてうずうずしていたfamaoは、しっかり取っていたんだけどお味は・・・?
20060318005846.jpg

そんなこんなで、朝からしっかり食べまくる。

今日は、とりあえず観光しとこうかとアユタヤツアーを予約している。
12時半の集合時間まで、ぶらぶらしようとホテルから送迎バスで最寄のBTSのPhloen Chit駅まで行き、隣のChit Lom駅まで歩く。集合場所のインターコンチネンタルホテルは、この駅の目の前なんだけどまだまだ時間はあるので、とりあえずいつもの強い味方JCBプラザへ。
実はこれから行く、アユタヤツアーも晩に行く予定のマッサージもJCBで予約できたんだけど、通さずに事前に日本から直接予約しちゃっていた。
という事で特に用事はなかったんだけど、関空で登録したキャンペーンのくじをひいたり(みごとハズレ)、やさしいお姉さんに ’コンラッドホテルへ行ってください‘ ってタクシーの運ちゃんにタイ語でなんて言えばいいのか聞いてみたり、ガイドブックを物色したり。

そんなこんなで集合まであと1時間ちょっと。
ふと、思いついてとあるお店へ行ってみることへ

BTSに乗って、さらに隣のSiam駅へ
BTS.jpg

バンコクは渋滞で有名だけど、BTSができてからはだいぶ楽になったらしい。

Siamは、バンコクの原宿・流行の発信地と言われるような場所。
服、靴、バック、小物など数え切れないほどのショップがいくつも並ぶ。
私たちが目指したのは、駅からすぐsoi4にある

Mango Tango
20060318015901.jpg

ポップでかわいいこのお店では、マンゴーデザートが年中食べられる!!
やっぱり、マンゴーは外せない私たち。

famaoのセレクトは
20060318015930.jpg

マンゴー&マンゴーアイス&フルーツ
アイス、甘くて冷たくてうま~い◎

私のセレクトは
20060318015919.jpg

マンゴー&フルーツ&仙草ゼリー&バジルシード
熟したマンゴー美味し~い
ゼリーは、苦味は少なくつるんと冷たい喉越し
そして、カエルの卵・・・もといっバジルシード。バジルの種の周りの細かい毛のようなものが水を含むと表面がゼリー状になって、なんと30倍に膨れてこんな見た目になるらしい。ちなみに味は特になし。

こんなに盛りだくさんで、お値段はどれも70~90バーツ(200~300円)位。
味は、マンゴーはかなりいい感じ。
でも全体的にやっぱ許留山にはちょっと負けるかな。

それにしても、タイはフルーツが豊富で安いから、こういうスイーツのお店がもっとたくさんありそうなものだけど意外とない。このお店も一応チェーンみたいだけどそんなに数はないし、とっても貴重。

1日目(3):「アレ」のないコンラッド・バンコク
written by famao

さて、今回のお楽しみはホテル。

都会的なホテルと、クラシックなホテルを両方満喫したいと欲張った私たちが選んだ一つ目のホテルが「コンラッド・バンコク」だ。BTSのプルンチット駅からはけっこう遠いけど、一応ホテルからリムジンバスが出ているので、あまり不便は感じない。(さすがに、後日ツアーの待ち合わせで行ったインターコンチネンタルホテルの便利具合は魅力だったけど)

さてさて、東京では一泊の値段すら知りたくもないコンラッドだけど、ここはバンコク・・・と夜中にも関わらずウキウキ。

部屋は全体的に広くて、インテリアもモダンで期待通り。
conrad-bedroom.jpg


リビングからバスルームが見えてしまうという、今はやりのスタイル。
conrad-living.jpg
もちろん、カーテンは閉まります。(てか、カーテンを閉めずに風呂入る人たちはどのくらいいるの?)

ウェルカムフルーツは、なんだっけな?梨みたいなやつ。このテーブルに活けられた黄色い蘭は、まくらの上にも。
conrad-fruit.jpg


バスルームは当然のごとくシャワーブースつき。このバスタブが洒落てるし、なんたって象のおもちゃがキュート!(もちろん、風呂で遊びましたとも!)
conrad-bathroom.jpg
アメニティもさすがのデザイン。
しかし・・・ここのシャワーブースはドアの密閉性に問題があるのか、バシャバシャ使ってると、どうにも水もれが・・・。おかげさまで初日はバスマットが水浸し・・・。

バーカウンターもなかなか広くて便利。毎日、ミネラルウォーターと氷が補充されるのは他のホテルでもあるけど、ここは牛乳もタダ。
conrad-bar.jpg
冷蔵庫の下段中央が、例の最高級シンハー

部屋自体には大満足。

がっ、しかし!

アレがないじゃん。 アレがっ!

「アレ」の謎については、また後日。。。


ところで、部屋以外の部分でコンラッドについて思うのは、何をしてもいちいち高いことだ。
リムジンサービスも高いし、インターネットの利用料金も高い。ついでに言うならスパでタイマッサージが1時間で6000円近くする!

いいホテルだけど、若干の疑問を残すコンラッドなのでした。
1日目(2):思わぬ「お出迎え」、そして最高級シンハー
written by famao

そんなこんなで、タイに入国したのは午前0時前のこと。


・・・暑い。


半日前までコートを着ていたというのに、今はTシャツ1枚でおつりがくるってかんじ。
冬に暑い国へ旅行するのは初めてなんで、自律神経がおかしくなりそう。

飛行機を降りて、入国審査に向かって広い広い空港をひたすら移動。

「いやー、タイだよ」
「タイだねえ」
「晩なのに暑いねー」

深夜とはいえ、初のタイ上陸でワクワクする私たちを迎えてくれたのは・・・・

なぜか 動く歩道に鈴なりの米兵
army.jpg

中東からの帰りだろうか?
100人近くの米兵が動く歩道沿いに寝転がっているのだ。
ココはどこ??? 私たち、どこに来ちゃったんだ!?

米兵の中をくぐり抜けて入国。バゲージクレームを出ると、まるで屋台のように両替屋とリムジンタクシー屋が軒を連ねる。両替のレートはどこも同じだったので、あっさり2件目でそれぞれ2万ずつ両替。(香港では両替も一大イベントだっただけに、やや拍子抜け)

さて、私たちの今夜のお宿は「コンラッド・バンコク」。
しかし、このホテルのピックアップサービスは異様に高くて、片道1500バーツもするので、空港でリムジンタクシーを申し込むことにした。しかし、usa情報では500バーツのがあるとのことだったのだけど、どこも700バーツ。
あげくの果てに「なんでさっきあんなヤツのところ(よその店)に行ったんだ。あいつらはニセモノだよ」なんて言い出す兄ちゃんまで出た。
もう、わけがわからないし、私の鼻水も止まらないので「次に見つけたところにしよう」と決断。
トヨタかどっかのキレイな乗用車で、運転手もフレンドリー。よかった。(しかし・・・運ちゃん、ニンニク臭かった)

窓越しに深夜1時のバンコクを見ながらホテルへ。
こんな時間だけど、ところどころで人々が集まって飲み食いしてる。アジアのパワーの原点って、やっぱ食にあるのね。

そんなことを考えてたら、コンラッドへ到着。
ぜんぜん眠くないけど、風邪もひいてることだし、明日はアユタヤ観光なので、パワーを充電しておかねば。

「ひと風呂浴びて、シンハー飲んで寝るかー」と、コンラッドから徒歩3分のところにあるセブンイレブンへ。シンハーはもちろん、Beer Changだの、何種類ものビールをカゴに入れて、レジへ行くと・・・。
"Sorry ma'am"と言いながら、何やら後ろに貼ってある紙を指差す。

・・・・?

・・・・・・えっ?

・・・・・・・・うそっ!

なんと、タイでは深夜0時以降の酒類販売は法律で禁止されているらしいのだ。

ガーーーーーーンっ!

大ショックのあまり、カゴごと置いてコンビニを去り、おとなしくホテルへ戻った。

もちろん、いくら風邪をひいているからといって、この私が我慢できるわけもなく、ついさっき25バーツで売っていたシンハーに、200バーツも払うハメになったのだ。
これじゃあ日本と同じじゃん。。。
1日目(1):初めてのタイへゴー!
written by usa

初めてのタイ旅行。
今回も準備万端余裕の私、そして例によってヤバイfamao。

荷造りだけは着々としていたようだが、いかんせん仕事が・・・
おまけに3日前にひどい風邪をひいたらしい。さらに彼女の周りの人がインフルエンザで倒れたとか。
これはやばい。今回は、まじで当日の朝までキャンセルした場合の手順なんかが、頭の中をぐるぐる回ってしまった。
なんて、私の心配をよそに幸いインフルエンザウィルスにはやられてなかったfamao。 
神様ありがとうっ! って感じ。

そんなこんなで、仕事は無理矢理やりくりして飛び出したfamaoと予定通りに関空到着。

さっさとスーツケースを預けて身軽にならなくちゃ!と
チェックインカウンターの入り口で行う、預け入れ荷物X線検査へ。
何気なくスーツケースを預けた私たちだが・・・

えぇ~~っ?!

モニターに映るfamaoのスーツケース
<イメージ図>
20060301225705.jpg

もう大笑い。笑い過ぎて写真を撮ることを思いつかなかったので、へたくそな絵を書いてみた。
実は、タイ在住の知人に友人のシェフが欲しがっている日本のとあるメーカーの包丁を買ってきて欲しいと頼まれていたのを入れていたのだ。
いや~ こんなにはっきりくっきり映るなんて
もちろん、預け入れなので問題なかったけど検査官には、なにしに行くねん?この二人と思われただろうなぁ~。

そんなこんなだったけど、無事にチェックイン。
ところが、出発が30分遅れになってるとのこと、なんでー?!

まあ、とにかく今回もとりあえずJCBのカウンターへ。
キャンペーン登録して、ショッピング&ダイニングパスポートと免税店の割引券をゲットして出国。

免税店で化粧品なんかを買い込むが、マスク姿で鼻ズルズルのfamaoに免税店のお姉さんはポケットティッシュを6つもくれた。ありがとう! さて、搭乗口へゴー!

・・・の前に、今回は時間があったのでこんなものを食べてしまった。

免税店の隣のジェラート屋にて
20060301231131.jpg

風邪ひきのfamaoはあっさりやさしい味のアロエヨーグルト。
私は、美肌効果なんて文字にひかれてクランベリー。
どちらも、美味しかった~。
しかしコーンでなく、カップで注文するとただの紙コップだったのが・・・。

食べながら南ウイングへ
しかし、まだまだ時間があるのでカード会社のラウンジで休憩。

19時15分、予定通り30分遅れでやっと離陸。

バンコクまでは6時間のフライト。
耐えられるかなぁと思ったけど、全席パーソナルモニター付
選べる映画を観たり、ゲームを楽しんだりできる。
やるなぁ タイ国際航空。

機内食は、私の選んだチキンも
20060302001414.jpg

famaoの選んだ肉じゃがも
20060302001424.jpg

なかなか美味しく満腹。
風邪のfamaoは、大好きなビールのおかわりもせずに食後はお休みモード。
私は、麻雀ゲームにハマる。

そんなこんなで、案外たいくつせずにバンコク上空
ところが、、ここで「空港混雑のため、着陸指示待ちです」という非情のアナウンス。 なんで?! 
現地時間(-2)は23時過ぎ、こんな時間に混雑ってどんな国だよっ?!
ぐーるぐる、ぐーるぐる上空を旋回。
 
23時45分、定刻より1時間遅れでやっと着陸。
Copyright © 2005 泰国オンナ2人旅. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。